Fight n4

 
 

女子ボクシング

IFBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ

1ラウンド2分 10回戦

 
   
 

DAMON "Lights Out" MILLER

(USA)

VS

"Scrapper" AUDREY St. JOHN

(USA)

 

<Information:インフォメーション>

アメリカ、アトランティックシティー「トロピカーナ カジノ アンド リゾート」より、男女ミックスボクシング、2分ラウンドのエクシビションマッチをDENAV CHANNEL が放送します。

 ボクサーを紹介。

女性ボクサー AUDREY "Scrapper" ST. JOHN (76,2kg / 168lbs) ジャマイカ、キングストン出身の34歳

現在は、アメリカ、ニューヨークのブルックリンを拠点に活躍しており、戦績は15勝4敗、3つのKO勝利。

200102年、西インド諸島でのアマチュアボクシングチャンピオンを2年連続で獲得しプロ転向、

2005年にWIBFスーパーミドル級タイトルを奪取、その後07年まで防衛。

彼女の強打はと恐れられており、スクラッパー(解体屋)というニックネームがつけられている。 

男性ボクサー DAMON "Lights Out" MILLER (92,5kg / 204lbs) カリフォルニア州出身の28歳

戦績は6勝1敗、1つのKO勝利。

<Pre fight:試合30分前のAudreyの控え室> 

  AUDREY "Scrapper" ST. JOHN選手の控え室です。対戦前、Audrey選手はつねに控え室で対戦相手をイメージし、試合展開を考えながらシャドーし、体をほぐしています。「今日は男子ボクサー相手なので、いつもより思いっきり殴れるわ。絶対にKOして、次のWIBFチャンプに返り咲くわ」と意気込みを語っています。かなりの熱気が感じられるAudrey選手の控え室です。

 <Intro>

   AUDREY ST. JOHNが入場してきます。ピンクのトップスとトランクスとブーツにエバーラストの青のグラブをまとい、白のフードローブを羽織っての入場です。花道をゆっくりとスポットライトに照らされながら、リングに向かっている女解体屋。控え室でアップをしていたためか、体から汗がしたたり落ちてきています。そして、いま、トップロープを飛び越え、青コーナーにリングイン、テーマソングにあわせ両拳をあげて観客にアピールしています。

 

   DAMON MILLERが入場してきます。青のシャツに黒字に青のラインをあしらったトランクス、黒のブーツにエバーラストのグラブをし、目線をリングにあて、堂々の入場です。「女ボクサーの鼻柱をへし折ってやる」と息巻く灯消し屋。いま、赤コーナーにリングイン。右拳をあげ、リングをサークリングしてアピールしています。

レフリーがリング中央へ呼び試合の注意を伝えています。AUDREYDAMONはリング中央でお互いの視線をそらさずに、闘志を燃やしているところが感じ見て取れます。DAMON44lbsAUDREYより大きい体重差ですが、どことなくAUDREYのオーラが強いせいか、それをあまり感じさせません。レフリーの指示が終わり、両者コーナーに分かれました。いよいよ、ゴングです。 

<Round1:ラウンド1>

  1ラウンドのゴングが鳴りました。両者コーナーからリング中央へ勢いよく飛び出しました。ガードを固めながらも、ジャブを打ち合い、お互いの距離を測っています。AUDREYの表情がやや緊張気味に感じられますが、的確にDAMONのジャブをガードしています。

   ここで、DAMONの左フックがAUDREYのガードを破って顔面にヒットした!あまり強いパンチではなさそうだが、男子のヘビー級のパンチは、AUDREYにとってはかなりの威力に感じられるのではないでしょうか。AUDREYの顔が渋くなっています。ここでゴング、このラウンド、DAMONが優勢です。

 <Round2:ラウンド2>

   AUDREYが積極的にパンチをDAMONに浴びせています。AUDREYが、下から上へとDAMONにパンチをあてながら、ロープ際に追いつめた。AUDREYの左ボディフックがDAMONの脇腹にヒット!思わぬパンチの強さにDAMONが驚きの表情を浮かべているか?ここはAUDREY、冷静にパンチをあてていきたいところだが、ガードが甘くなっている感じが見て取れ、心配です。

 

  DAMONAUDREYのガードの隙を見逃さなかった。DAMONの右ストレートがAUDREYの顔面にヒット!DAMONのパンチの勢いで、AUDREYの体が後ろにのけぞる!DAMONの左フックが打たれようとしたそのとき、2ラウンド終わりのゴングが鳴った。AUDREY、ゴングにすくわれたか。このラウンドもDAMONが取っています。AUDREY、苦しい展開か?

<Round3:ラウンド3>

AUDREYのダメージが抜け切れていないのか?DAMONのパンチがAUDREYをとらえている。AUDREY、防戦一方だ!DAMONの左ジャブから右ストレートがAUDREYの顔面にヒット!AUDREYの表情が苦痛にあふれている。AUDREY、ピンチか?

   AUDREY、苦しいか?たまらず、DAMONにクリンチ!AUDREY、ダメージを回復させているが、かなり苦しい表情だ!この間にも、DAMONAUDREYの脇腹に細かいパンチを当てている。ここでレフリーがブレイク、同時に3ラウンド終了。このラウンドもDAMONが取りましたが、AUDREY、男子にかなわないか?

 <Round4:ラウンド4>

   このままではAUDREYは勝てないか?ここで、AUDREY、アグレッシブに動き出した!素早い動きだ!前のラウンドとは動きが違う!DAMONにジャブを浴びせる。DAMONがガードを固めるが、積極的にパンチをあてるAUDREYAUDREYの左ジャブから右ストレートがDAMONのガードを破り、強烈に顔面にヒット!女解体屋の豪快な打撃音が響いた!DAMONが驚きと苦痛の表情、動きが止まっている!AUDREYチャンスだ!

  AUDREYチャンス!DAMONにパンチの連打を浴びせる!動きが悪くなったDAMONのガードが甘くなっている。その隙をAUDREYが見逃さず、DAMONのチンに右アッパーをぶち込んだ!DAMON、たまらず後ろにのけぞる!DAMON、動きがストップしている。しかし、ここで4ラウンド終了!初めてこの試合AUDREYが取りました。かなりDAMON効いているようです。

 <Round5:ラウンド5>

   前のラウンドでのダメージが回復しきれないのか、焦りの見えるDAMONAUDREYにパンチをあてていくが、AUDREYが的確にDAMONのパンチをガードしている。かなり落ち着きをみせるAUDREYとは対称的に焦り気味にパンチを打つDAMON、ガードに隙が見える感じがあります。

   DAMONのガードが甘くなった隙を見逃さないAUDREY。ガードのあいたボディに右アッパーをぶち込んだ!このパンチもかなり強烈だ!DAMONの顔がかなりゆがんで苦しそうだ!AUDREYDAMONをしとめられるか!KOチャンスだ!AUDREYが連打を浴びせている!

   しかし、DAMON、ここで、AUDREYに体重をかけて、ロープに際に体を運びながらクリンチする。場内からDAMONにブーイングが起こっている!両者、かなり疲れているのか、口を開けて呼吸をしている。どちらの表情も苦しそうだ。ここで、5ラウンド終了!このラウンドもAUDREYが取りました。今のところ採点はAUDREYがややリードといった感じでしょうか?いよいよ最終ラウンドです!

 <Round6Final Rpund:ラウンド6・最終ラウンド>

   両者積極的に打ち合いを始めるが、DAMONの動きが鈍い。ダメージが回復できていないのか?また、この試合、テクニックではAUDREYのうまさが際だって見えています。AUDREYのカウンター気味の右フックがDAMONの顔面にクリーンヒット!DAMONの口から唾液が飛び、顔がよじれるほどの強烈な右フック!動きが止まったDAMONにパンチを連打するAUDREYDAMONKOできるか?

   しかし、DAMONAUDREYの隙を見逃さない!パンチを打ってガードが甘くなったAUDREYの顔面に右のクロスフックをあてていった。AUDREYの口からマウスピースが出そうになり、顔がよじれているAUDREY。続けざまにパンチを浴びせようとするDAMONだが、AUDREYも負けていない。

   苦しい表情のAUDREY、赤コーナーでDAMONを抱き込むようにクリンチする。最終ラウンドも残りわずか。AUDREYDAMONKOできるか?それとも逆か?今のところ採点はAUDREYがややリードしているように感じられます。

   レフリーがブレイク!AUDREY、すかさずDAMONの顔面に右ストレート!かなり強烈だ!DAMON、棒立ちだ!AUDREYがこのチャンスを見逃さず、連打、連打!DAMON、パンチを打てない!防戦一方だ!AUDREYKOチャンスだが、残りわずか!DAMON、必死に耐えている!AUDREYパンチが止まらない!しかし、ここで終了のゴングだ!

  <Reslut:試合結果>

   勝者AUDREY "Scrapper" ST. JOHN!とコールされたあと、レフリーに勝ち名乗りをされるAUDREYDAMONAUDREYの勝利をたたえるかのような笑みを浮かべている。そして、表情が和らぎ、笑みを浮かべるAUDREYである。 

   勝利者ポーズを決め、グリーンベルトをたすきがけするAUDREY。顔には強打を受けた後は残っているが、また、対戦し、今度はKOで決まると意気込むAUDREYであった。

NANAE KATSUKI - Japanese journalist from NTV

レポーター  香 月 ななえ(スポーツライター)